Emi Takemura

Q1. これからどんな世界になっていくでしょうか?明るい展望は描けそうですか?


社会構造が大きく変革しているいま、明るい展望を描けるかどうかは、我々世代に委ねられ

ているところが大きいと思います。
市民である私たち一人一人が、地球で多様な生き物と共存する世界をどのように維持していきたいかを考え、対話し、行動をしていくことが大切だと感じています。
そういった意味でも、教育の担う役割は非常に大きいです。



Q2. テクノロジーの進化はどのように子どもたちの成長を促すと思いますか?


人類は、石器時代から、常に技術進化により社会を発展させてきました。
現在は情報テクノロジーを中心とした技術革新がめざましいと思いますが、子どもたちはもっとも柔軟に対応をしていけると思います。
テクノロジーが様々な距離を縮めることで、人間関係のあり方や働き方が大きく変わっていきます。よって、子どもたちの成長は、我々の世代と変わっていくことは間違いないですが、どのように変わるかは、まだ見えてないところが大きいと思います。


Q3. 幅広い事業・活動でご活躍されていますが、新しいことを始めようと思う際の決め手は何でしょう

か?


自分がやりたいことで、尚且つ社会の役に立つことというのが軸になっています。
起業をした時は、インターネットを通じてコミュニティを育てることがより手軽になって欲しいという思いで始めましたし、教育に関しては、全てのこども達が自分らしく力を発揮して、自らの成長を楽しめる社会になって欲しいという思いで関わっております。

 

Q4. 子どもたち、および若者にそれぞれどのようなメッセージを伝えたいと思われますか?
 

自分の好きなことに没頭できる時間や場所を見つけてみましょう。
世の中に役に立つとか立たないとかそんなことは関係なく、若い時は興味のあることに徹底的にエネルギーを注ぎ込む経験が、大人になった時の大きな糧になるはずです。

© 2019 VOICE